『スペイン語 常用動詞 作文小辞典』から、面白い動詞表現を紹介(1)

スペイン語学習の急所は、動詞の活用を覚えその用法を極めることであると言われています。動詞から派生する名詞、形容詞、副詞などを広く学ぶその運用能力を高めることが肝要です。昭和30年に初版がでたこの書籍の著者は岡田 竣先生で、この書物を後世に伝えようと寿里順平先生が昭和56年に復刊させました。


この本の元になっているラルースのPequeno Larrouse Ilustrado は権威ある西西辞書としていまでも高い評価を得ています。そのなかから重要と思われる1700の常用動詞の用例辞典です。


例文(1)

Con el borrador se borra lo escrito en la pizarra.

黒板に書かれたものを黒板拭きで消す


この短いけれど記憶を結び付けやすい単語を使った例文をは非常によくできています。記憶に残りやすいので覚えるといいです。

再起動詞のborrarse、名詞の borrador、関連語の黒板は pizarraで、すべて巻き舌です。続く



0件のコメント

最新記事

すべて表示

〜『スペイン語全国通訳案内士』一次筆記試験対策講座〜 一次筆記試験に合格するには、スペイン語の長文読解、語彙、文法、和文西訳など総合的な語学力に加えて、日本の歴史、文化、観光地など幅広い知識が求められます。 以下の3コースの中から希望する受講日を選んでください。 <土曜コース> 6月4日(土)15:00~17:00 <日曜コース> 6月5日(日)10:00~12:00 <平日コース>6月8日(水)

以下の3コース の中から希望する受講日を選んください。 <土曜コース > 5月 21日 (土 15 00~ 17:00 <日曜コース > 5月 22日 (日) 10 00~ 12:00 <平日コース >5/16 (月 ) 又は 5/18(水 ) 19 00~ 21:00 EL CAMINO CORTO PARA APROBAR EL EXAMEN DEL GUÍA TURÍSTICO DE ESP

日時: 4月19日(火)21:00~22:15(日本時間) 同日 7:00〜8:15 (メキシコ時間) テーマ:「続・スペイン語の逆襲〜東大の新入生に最も人気のある 第二外国語として選ばれる魅力と優位性」 講師:瀧澤寿美雄 メヒココンサル代表 スパングリッシュクラブ主宰 参加費:無料、ZOOM形式 申し込み先:https://latin-america.jp/seminar-entry 締め切り