お箸で食べるパスタ🥢

日本語バージョン
経験的に疑問を持っている人のために。
イタリア風中華料理店でお箸を使ってパスタを食べました。

先日、和食のような中華料理店でパスタを食べようと誘われました。

無料のランチにノーと言う人はいません。


中に入ると、和洋折衷のスタイルが随所に見られました。中華料理を食べるのかと思っていたら、なんとその店の名物はイタリアンパスタだったのです。


そう、イタリアンパスタです。不思議な組み合わせの雰囲気のあるレストランです。

 


メニューは、スペイン語のメニューとは異なり、縦書きです。そのため、最初は少し理解するのが大変でした。


彼らはすぐに私たちの注文を聞き、日本特有のグラスで冷たい水を出してくれました。まだ見たことがない方は、googleで「レストランカップ」と入力すると、イメージが湧くと思います。


数分後、小さな野菜と豆腐のスープを出してくれました。

私が「小さい」と言ったのは、まず、サービスに含まれていたからであり、次に、普通のお皿ではなく、日本スタイルの小さなお皿に入っていたからである。(タイニー)


 


パスタは15分ほどで席にとどき、ちょうどよい時間でした。中でも不思議なのは、彼らが持ってきたのは箸だったことです。


普通イタリアのパスタをお箸で食べますか? 🤔

先験的に私は戸惑ったものです。しかし、楽しい経験となりました。

トマトソースがあちこちに飛び散ったり、ラーメンを食べるときのような音がしたり、食べるスピードがいつもより遅くなったり、スプーンがないのでソースを全部食べきれなかったり。


結論、お箸でパスタが食べられる!?🥢


私にとっては新しい発見です。

いつか皆さんにも体験していただきたいと思います。


また次の機会にお会いしましょう✋

リシー ウリエル



0件のコメント

最新記事

すべて表示