スパングリッシュ ~ アメリカ合衆国のスペイン語         Spanglish: el español de EE.UU.    

初めてニューヨークやロサンゼルス、マイアミ、ヒューストンといったアメリカの大都市へ行った時、こんなにもたくさんのスペイン語表記の看板が見られることや、スペイン語の言葉が聞こえてくることに驚かされた。それらの都市の通りを散策すれば、ヒスパニック系の人々と行き交うことは簡単である。


 お店やレストランでは、スペイン語で接客される。ラテン系人口の存在は、メディアや政治、教育において大きい。

 

「準備中」、「美容室」、「コインランドリー」、「調剤薬局」、「ドーナツ」などといった看板はスペイン語で書かれており、時々英訳も併記されている。

 最新の国勢調査(2010年)によると、アメリカにはヒスパニック系が約5000万人おり、それは全人口(3億800万人)の16%にのぼり、直近10年間での増加率は43%である。アメリカ国内のヒスパニック人口はスペインの人口(4600万人)よりも多い。ヒスパニックはニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンのような大都市に集中しており、後者の2都市は総人口のおよそ半分にのぼる。


移民一世(その大部分がメキシコと中米から来た)の子どもたちはアメリカで生まれ、そしてバイリンガルである。日常的に会社や学校では英語を、家庭ではスペイン語を使用する。この状況は、スパングリッシュまたはアメリカのスペイン語と呼ばれる両方の言語の混合を生んでいるが、実際的には、母語であるスペイン語に英語から借用した言葉や表現が組み込まれるというものである。いくつかのスパングリッシュの例を見てみよう。


オフィスは「el jira」が役に立たないので私たちは「friziando」です。まず最初に、「friziarse」と「jira」は英語の「凍える」と「ヒーター」に由来する。Spanglishが

 今後どう進化するか目が離せません。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

〜『スペイン語全国通訳案内士』一次筆記試験対策講座〜 一次筆記試験に合格するには、スペイン語の長文読解、語彙、文法、和文西訳など総合的な語学力に加えて、日本の歴史、文化、観光地など幅広い知識が求められます。 以下の3コースの中から希望する受講日を選んでください。 <土曜コース> 6月4日(土)15:00~17:00 <日曜コース> 6月5日(日)10:00~12:00 <平日コース>6月8日(水)

以下の3コース の中から希望する受講日を選んください。 <土曜コース > 5月 21日 (土 15 00~ 17:00 <日曜コース > 5月 22日 (日) 10 00~ 12:00 <平日コース >5/16 (月 ) 又は 5/18(水 ) 19 00~ 21:00 EL CAMINO CORTO PARA APROBAR EL EXAMEN DEL GUÍA TURÍSTICO DE ESP

日時: 4月19日(火)21:00~22:15(日本時間) 同日 7:00〜8:15 (メキシコ時間) テーマ:「続・スペイン語の逆襲〜東大の新入生に最も人気のある 第二外国語として選ばれる魅力と優位性」 講師:瀧澤寿美雄 メヒココンサル代表 スパングリッシュクラブ主宰 参加費:無料、ZOOM形式 申し込み先:https://latin-america.jp/seminar-entry 締め切り