スペイン語入門者が迷う「西和辞典」の正しい選び方

自分の目的に合た紙製の卓上の「西和辞典」を一冊買い求め、自宅に置いてじっくり字引を引くことは、デジタル時代を生きる時代に逆行しているように見えますが、実は、それは間違いです。


手間をかけページをめくりながら単語を探すアナログ的な作業は、語学の基本です。現代では、アプリをスマホに入れて持ち運べば、いつでもどこでも手軽に辞書で単語を調べることができます。私もアイフォンとアイパッドに有料のアプリ(物書堂)を入れてからは、カシオの電子辞書はお蔵入りなりました。

しかし、記憶に残るペーパーの辞典は新聞を広げて読むのと似ていて、身持ちが良いので今でも続けています。私が代々木の予備校に通っていた浪人生時代に、英語のある講師が勧めていた英単語記憶法は実に単純明快でした。出会った単語に日付を書き込めば、記憶に残りにくい単語ほど出会う回数が多くなると。デジタルとアナログのバランスが大事なのです。

今日はスペイン語の辞典、特に、使用頻度の多いスペイン語から日本語の意味を調べる「西和辞典」を買い求める際に、皆さんは何を基準に選んだらよいか迷われることが多いと思います。そこで「正しい西和辞典の選び方」について私の個人的な意見を述べたいと思いますので、参考にしてください。

私は次の四つ項目に基づき(優先順位は1が高く~4が低い)て、辞書を評価する判断基準としました。

1 例文の多さとその例文が役立つ表現かどうか?
2 文法や語句の説明が分かりやすいか?
3 文字の大きさ、レイアウトなど見やすいか?
4 同義語、反対語など関連表現の追記があるか?


現状では、スペイン語学習者を対象にした本格的な辞典は以下の6つ出版されています。

当日のセミナーでは、ある単語を引き合いの例として6冊の辞典からすべて引用して、記述の仕方を比較検討します。


 

小学館「西和中辞典」

2165頁 初版1990年 第二版2007年 6930円

(中・上級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/onlk5E5

② 小学館「プログレッシブ スペイン語辞典 第2版カレッジエディション」 1037頁

初版94年 第二版2000年 カレッジエディション 2016年 3300(初・中級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/QnlliwH



③ 白水社「現代スペイン語辞典」1275頁 

初版1990年 2800円

(初・中級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/ynllgyj



④ 三省堂「クラウン西和辞典」2043頁 

初版2005年 4700円 

(中級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/5nllxE0



⑤ 研究社「プエルタ新スペイン語辞典」1814頁 

初版1992年 5000円

(中級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/TnllYxJ




⑥ 研究社「レクシコ 新標準スペイン語辞典」1105頁 

初版2020年 3630円

(初・中級者向け)

Amazon:

https://cutt.ly/lnllmUu