2022年度ラテンアメリカ なるほどトーク第1弾 「続・スペイン語の逆襲 〜 東大新入生にも人気のある第二外国語として選ばれる魅力と優位性」瀧澤寿美雄 (メヒココンサル代表)が講演します

日時: 4月19日(火)21:00~22:15(日本時間)

   同日 7:00〜8:15 (メキシコ時間) テーマ:「続・スペイン語の逆襲〜東大の新入生に最も人気のある

第二外国語として選ばれる魅力と優位性」

講師:瀧澤寿美雄 メヒココンサル代表 スパングリッシュクラブ主宰 参加費:無料、ZOOM形式

申し込み先:https://latin-america.jp/seminar-entry

締め切り: 4月12日

詳細は、https://latin-america.jp/archives/52394


講座終了後には、スペイン語なら日本人でも話せるようになるという

自信がつきます。多数のご参加お待ちしま

0件のコメント

最新記事

すべて表示

〜『スペイン語全国通訳案内士』一次筆記試験対策講座〜 一次筆記試験に合格するには、スペイン語の長文読解、語彙、文法、和文西訳など総合的な語学力に加えて、日本の歴史、文化、観光地など幅広い知識が求められます。 以下の3コースの中から希望する受講日を選んでください。 <土曜コース> 6月4日(土)15:00~17:00 <日曜コース> 6月5日(日)10:00~12:00 <平日コース>6月8日(水)

以下の3コース の中から希望する受講日を選んください。 <土曜コース > 5月 21日 (土 15 00~ 17:00 <日曜コース > 5月 22日 (日) 10 00~ 12:00 <平日コース >5/16 (月 ) 又は 5/18(水 ) 19 00~ 21:00 EL CAMINO CORTO PARA APROBAR EL EXAMEN DEL GUÍA TURÍSTICO DE ESP

傾向と対策 スペイン語の一次筆記試験問題は、昨年20年からテスト形式が大きくかわりました。記述式の主観的な解答を書く方式から、客観的な選択形式(マークシート方式)による長文読解、西作文、日本に関する文化関連語句から構成されています。外国語の長文の内容は日本文化や観光関連が中心であるため、仕事に直結する好ましい傾向と言えます。 試験の解答時間 20年までは和訳、西作文、日本事象をスペイン語で説明する